歯が痛い・しみる(一般歯科)

戸塚区の歯医者【マンボウ歯科クリニック】 TOP > 歯が痛い・しみる(一般歯科)

歯が痛い・しみる……虫歯かもしれません

虫歯は一度なってしまうと、ごく初期でなければ自然治癒しないお口の病気。
歯が痛い、しみるといった自覚症状があらわれているなら虫歯が進んでいる可能性があり、歯を削る治療が必要になってきます。
虫歯治療によって歯を削ることは、たとえほんの少しであっても、歯そのものの寿命を縮めることにつながります。

当院では、できるだけ歯を削らない、痛くない歯を残す治療を心がけています。虫歯かな?といった症状があれば、できるだけお早めに当院へご相談ください。

虫歯の原因

虫歯は、直接の原因である虫歯菌のほかに、もともとの歯質や唾液の性質などさまざまな要因が関係して発症します。
虫歯になる原因とメカニズムを知って、効果的な虫歯予防に努めましょう。

虫歯の原因と対策

[画像]虫歯の原因と対策

原因その1
虫歯菌の存在
虫歯菌は歯垢の中に生息しています。
→ 毎日のブラッシングで歯垢をしっかり落としましょう。
原因その2
お口の中に残る糖分
虫歯菌は糖分を栄養源に歯を溶かす「酸」を生み出します
→ 糖分の多い食事やおやつは控えめに。
原因その3
ブラッシングまでの時間
食後30分ほどで虫歯菌が活発になり、「酸」を出し始めます。
→ 虫歯菌が「酸」を作り出す前に、ブラッシングで糖分や歯垢をしっかり取り除きましょう。
原因その4
虫歯菌への抵抗力が弱い
もともとの歯質、唾液の質などで、虫歯菌への抵抗力には個人差があります。
→ フッ素塗布など歯質を強化する予防処置があります。効果的に取り入れましょう。

↑ Page Top

虫歯の進行段階と症状

進行段階 症状 治療法

C0【ごく初期の虫歯】

C0
【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。
まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。
適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1【エナメル質の虫歯】

C1
【エナメル質の虫歯】

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。
冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。
虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2【象牙質の虫歯】

C2
【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。
冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。
虫歯に冒された部分を削り、インレーで補います。

C3【神経まで達した虫歯】

C3
【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。
熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。
神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウンを被せます。

C4【歯根まで達した虫歯】

C4
【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。
痛みはなくなりますが、歯根部に膿がかちまると再び痛みが出ます。
多くの場合、抜歯が必要です。
抜歯後、入れ歯インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

↑ Page Top

当院の虫歯治療について

[画像]Docs's best cement

“「ドックベストセメント(Doc's Best Cement)」”による虫歯治療は、患部にセメントを詰めて虫歯菌を死滅させることにより歯をほとんど削らずに治療を行えます。
虫歯菌の部分を削り、詰めものをする、そして神経を処置し、結果歯を失うという今までの治療は、過去のものとなります。

3mix法

虫歯を削る処置ではなく、薬で治療する方法です。
3種類の薬剤(抗生物質・抗菌剤)を混ぜたものを、患部に詰めて虫歯菌を除菌するため、痛みを感じることなく治療ができます。
この方法によって、歯を削らずにすむだけでなく、歯の神経を取る(根管治療)ことなく歯を残すことができるケースがあります。
ただし、お口の状況によって、適用できる場合とそうでない場合があります。

[画像]レーザー(ライトタッチレーザー)治療

レーザー(ライトタッチレーザー)治療

歯の表面の水分に反応するレーザーを照射し、患部を局所的に治療します。
従来のドリルで削る治療よりも、歯を傷める心配が軽減されます。
痛みをほとんど感じることなく、治療が終わります。
なお、根管治療で歯の内部をきれいにする時にも活用できます。

[画像]ダイアグノデント

ダイアグノデント

虫歯になっているところへレーザー光を当て、その反射で虫歯を解析します。
データを数値や音色などに置き換えられるため、これまで歯科医師の主観で判断されがちだった視診や触診よりも、より高い精度で虫歯の状況が判断できます。

虫歯は予防できるお口の病気です。予防についてくわしくはこちら 予防歯科・メンテナンスが大事です

↑ Page Top

[画像]親知らずが生えてきている方へ

  • [症例]親知らず
  • →
  • [症例]親知らず 虫歯

親知らずは永久歯が生えそろった後、十代後半くらいから生え始める歯で、お口の一番奥に生えてきます。
現代人の小さな顎には親知らずが生えてくるスペースが足りないため、横向きや斜めに生えたり、神経や周囲の歯を圧迫して歯列を乱したりし、何らかのトラブルを招くケースがほとんどです。
また、親知らずはきちんと生えてきても、歯ブラシが届かないために周囲に虫歯を招きやすいともいわれています。

まっすぐきちんと生えていて、かつ何のトラブルも引き起こさないようならそのままにしておいてもよいのですが、たいていの場合、抜歯することが最善策となります。
とはいえ、親知らずが生えてきても、抜歯が必要かどうかはきちんと検査してみなければわかりません。
放置すると処置が難しくなるケースもあります。
当院ではできるだけ痛くない処置を行っていますので、奥歯に違和感がある、親知らずが頭をのぞかせてきたという時は、お早めにご相談ください。

↑ Page Top

横浜市戸塚区汲沢の歯医者 一歩進んだ歯科治療をご案内します マンボウ歯科クリニック

【住所】〒245-0062 神奈川県横浜市戸塚区汲沢町426番地 森新ビル2F

  • 【電話番号】045-865-4618
診療時間
【平日】9:30~12:30/14:30~20:00【土曜】9:30~12:30/14:30~18:00【日曜】9:30~12:30【休診日】木曜・祝日 ※日曜日は矯正外来のみ
アクセスマップ

35.398856730737215,139.51690223605954

マンボウ歯科クリニック
〒245-0062
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町426番地
森新ビル2F

35.39193,139.50617339999997