むし歯治療

痛みの少ない、むし歯治療を行うために

痛みの少ない「むし歯の治療は痛い」そう思って、本来もっと早くしなければいけないはずのむし歯治療を先延ばしにしてしまい、どんどんむし歯を悪化させてしまうという方は本当に多いです。
そこで、マンボウ歯科クリニックでは、むし歯治療の際の痛みを可能な限り軽減することが出来るよう、様々な工夫を行っておりますので、患者さんには安心してご来院していただくことが出来ます。
むし歯は早期発見・早期治療が大変重要です。「少し痛む気がする」「冷たいものが歯にしみる」など、ちょっとしたことに気づいたらぜひ早めに受診にいらしてください。

痛むのは、むし歯がかなり進行している証拠です

かなり進行実は、初期のむし歯では痛みはありません。歯の表面はエナメル質で出来ており、その下が象牙質、歯の神経(歯髄)となっていますが、細菌の塊である歯垢が歯に付着すると食べ物の糖分を分解することで酸を分泌し、エナメル質を溶かしてしまいます。
しかし、エナメル質が溶けてしまってもまだ痛みは出ません。これが更に進行し、象牙質や歯髄までむし歯に汚染されてしまって初めて、痛んだり、食べ物がしみたりするのです。
つまり、むし歯で歯が痛いというのは実はかなり進行してしまっているということなのです。
冷たいものがしみるのはまだ初期のむし歯ですが、温かいものもしみるとなるとむし歯は更に悪化した状態になっていることが考えられます。
むし歯は、早く治療を受けるほど簡単な治療で治すことができ、治療にかかる期間も短く済みます。治療は出来ても、むし歯で失ってしまった部分の歯を取り戻すことは出来ません。大切なご自身の歯を守るためにも、小さな異変を感じたら早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

むし歯治療への取り組み

なるべく痛くないむし歯治療

表面麻酔で麻酔注射の痛みを軽減 

歯科治療を行う時には麻酔をするため、痛みをほとんど感じませんが、麻酔のための注射を刺す時には痛みが生じてしまうこともあります。
そこで、当院ではまず歯茎に表面麻酔を塗り、歯茎を麻痺させてから麻酔注射を刺します。これによって刺す時の痛みを感じずに麻酔を行えます。

極細の注射針を使用 

極細の注射針注射針の太さの単位をG(ゲージ)と言いますが、数字が大きくなればなるほど細い針になります。当院では31Gという極細の注射針で麻酔注射を行っているため、歯茎に麻酔針が刺さる時の痛みがそもそも軽減されております。

麻酔液にも工夫をしています

液は普段は冷蔵保存されています。この冷たいままの麻酔液をそのまま歯茎に注射しようとすると「冷たさ」が痛みとして伝わってしまうことがあるのです。そこで当院では、専用のウォーマーを使って麻酔液を人肌ほどに温め、麻酔注射をしています。こうすることで温度差による痛みが生じなくなるのです。

拡大鏡を用いた精度の高い低侵襲治療

低侵襲治療拡大鏡で患部を拡大して見ると、より精密な治療が出来るため削りすぎ防止や抜歯の回避にも繋がります。当院ではこのような、身体へ負担や影響を最小限に抑えた「低侵襲治療」を追求しております。低侵襲治療では痛みも生じにくくなっています。

むし歯進行の流れとその時の治療法

C0脱灰

脱灰脱灰は歯の表面のエナメル質が少し溶かされてしまった状態のむし歯で、痛みはなく、気づきにくいむし歯です。歯が脱灰した部分が白濁したように見えることがあります。
この段階では歯を削る必要はなく、正しいブラッシングでの歯磨きを続け、フッ素を歯に塗布することで再石灰化を促せば治癒出来ることもあります。

C1エナメル質のむし歯

エナメル質C0から進行し、エナメル質がかなり溶かされてしまった状態です。むし歯部分が茶色くなったり、黒ずんだり見えますが、痛みや自覚症状が出ることはほぼありません。
むし歯部分を削って、詰め物で治療を行ないます。

C2象牙質のむし歯

象牙質エナメル質の下の象牙質にむし歯が達してしまった状態です。噛んだ時に痛んだり、冷たいものがしみたりします。むし歯部分を削って、詰め物で治療を行ないます。

C3歯の神経に達したむし歯 

むし歯象牙質を通り越し、血管や神経が通っている歯の神経(歯髄)までむし歯が達してしまった状態です。何もしていない状態でもズキズキと激しく痛みます。
根管治療を行ない、歯髄から神経や膿を取り除いて綺麗にしてから薬剤を詰めて密封し、被せ物を被せて治療します。

C4歯の根に達したむし歯

歯の根歯槽骨という、歯を支えている骨に接している歯根にまでむし歯が達してしまった状態です。歯茎の上に出ている歯の部分はほとんど崩れ落ちてしまっており、歯の神経が死んでしまっているため痛みを感じないこともあります。しかし、歯根部分が膿むと非常に強い痛みが出てきます。
この状態にまで達したむし歯の場合、多くのケースで抜歯が必要で、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどで失った歯を補う必要があります。

当院のむし歯治療

「ドックベストセメント」でむし歯菌を死滅させる

患部にドックベストセメント(Doc’s Best Cement)を詰めてむし歯菌を死滅させるという治療を行えば、歯をほぼ削らずに治療を行うことが出来ます。
今までのようなむし歯になってしまった部分を削って詰め物をする、神経を処置して、その結果歯を失ってしまうというような治療はもはや過去のものとなったのです。

レーザー治療(ライトタッチレーザー)

レーザー治療患部を局所的に治療する方法で、歯の表面の水分に反応するレーザーを照射することで治療を行ないます。
ドリルを使ってむし歯を削るというような今までの治療に比べ歯を傷める心配が無く、更に痛みもほぼ感じません。
レーザー治療は根管治療の際、歯の内部の掃除をする時にも活用することが可能です。

ダイアグノデント

ダイアグノデントダイアグノデントはむし歯の解析方法で、むし歯部分にレーザー光を当て、解析します。
データを音色や数値に置き換える事ができるこのダイアグノデントでは、歯科医師の主観に頼りがちになる視診や触診に比べ、より精確にむし歯の状況を診断出来ます。

一番上に戻る
TEL:045-865-4618 24時間WEB予約24時間WEB予約 矯正サイト