レーザー治療

レーザー治療

ワンランク上の痛みの少ない治療

レーザー医療にレーザーが活用されるようになってから50年以上、現在ではレーザーの持つ高い殺菌効果・止血効果などが認められ、歯科医療でもレーザーは様々な用途で使われるようになっています。

レーザーにも数多くの種類がありますが、当院で使用しているのはライトタッチレーザー(無痛歯科レーザー)で、歯科治療だけでなく、メラニン色素の除去による歯茎の黒ずみの改善や口内炎などの症状にも応用しています。
この他にも根管治療、歯周病治療、知覚過敏、小帯付着異常症など、レーザーは様々な治療に幅広く用いる事ができ、さらに優れた治療効果を発揮しています。

抜歯した後の患部にレーザーを当てると、痛みをほとんど感じず、更に出血量をごく少量に抑えることが出来るため、麻酔無しで治療出来る場合も少なくありません。
レーザー治療では、小さなお子さんはもちろん、今までの歯科治療に苦手意識を持っていたという方にも安心して治療を受けていただくことが出来ます。
当院では様々な治療にレーザーを導入しており、その結果治療が円滑に進み、治療時間の短縮にも役立っています。

レーザーを使った歯科治療をする理由

1痛みの少ない低侵襲治療

一般的なドリルで歯を削るむし歯治療とは違い、レーザーによる治療では摩擦による熱が発生しません。
神経の炎症を誘発しないため、治療中の痛みがほとんど起こらないのです。
また、ドリルより細かく削ることが可能なレーザーは低侵襲で治療することができ、削った面も滑らかな仕上がりになるので詰め物・被せ物の適合も高くなり、より長持ちします。
レーザーを使った治療は患者様の身体にかかる負担やストレスを軽減するだけでなく、治療の質を向上させることが出来る非常に優れたものなのです。

2高い洗浄効果・殺菌効果

レーザーには高い洗浄効果・殺菌効果があります。そのため、根管治療や歯周病の治療にも優れた効果を発揮します。
根管治療では狭い根管内をレーザーで徹底的に洗浄・殺菌することが出来るため、細菌を完全に除去し、感染拡大のリスクを防止することが出来ます。
また、PDT(フォトダイナミックセラピー)では薬剤を併用し、スケーリングで全て除去することが出来ない細菌を死滅させたり、抗生物質による耐性菌が発生するのを防止することが出来たりと、歯科治療において大変有効な手段です。

3痛みの緩和・治癒の促進

軟組織の治療においても、レーザーは有効です。例えば、舌小帯の切除など、外科手術では切開と同時に傷口を殺菌・凝固させます。そのため、痛みや出血が抑えられるのです。
顎関節症の場合、組織内部にレーザーを到達させることで痛みの原因となる分子を散らすことが出来ます。その結果、痛みを緩和したり、解消することが出来るのです。
また、細胞を活性化させる効果のあるレーザーもあります。このようなレーザーを使えば外科手術の傷や顎関節症で傷んでしまった組織の治癒を促進させることも可能です。

レーザー治療の特徴

「ライトタッチレーザー」は最新の歯科用レーザーです。

  1. ライトタッチレーザーの先端は歯に直接触れることはありません。水とレーザーの力によって削るため、歯科治療でイメージされがちな音や衝撃は感じません。
  2. ライトタッチレーザーに副作用はありません。小さいお子さん、妊婦さん、ご高齢の方、血液疾患の方、どなたでも安心して治療を受けていただくことが可能です。
  3. 歯茎に腫れや炎症がある方も、ライトタッチレーザーを使えばより早く炎症を治すことが可能です。
  4. 冷たい水や風がしみるという知覚過敏の方は、数回ライトタッチレーザーを照射するだけで症状が軽減します。
  5. 口内炎やヘルペスが出来てしまった時は、ライトタッチレーザーで痛みを和らげ、素早く治すことが可能です。
  6. メラニン色素沈着症で歯茎が黒ずんでしまっている方も、ライトタッチレーザーによって黒ずみを除去することが可能です。
  7. メスで切るよりも痛みが少ないだけでなく、ライトタッチレーザーには殺菌作用があるため、キズの治りも非常に早くなります。

※痛みには個人差があります。麻酔が必要になることもありますが、少ない麻酔で済みます。

レーザー治療が適応可能な治療

  • むし歯治療や予防
  • 歯周病治療
  • 知覚過敏
  • 口内炎
  • 顎関節の治療
  • メラニン除去
  • 根管内の滅菌・蒸散
一番上に戻る
TEL:045-865-4618 24時間WEB予約24時間WEB予約 矯正サイト